成果リスト

年度別成果

2021
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2021 下條志厳 林勇吾 協同学習おけるコンセプトマップを用いた説明活動のファシリテーション 協調的プロセスと論争的プロセスに着目した検討 認知科学 28 3 in press
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2021 Moritz, D.Hayashi, Y. Ex-Ante and Ex-Post Feature Evaluation of Online Courses Using the Kano Model Proceedings of the 17th International Conference on Intelligent Tutoring Systems (ITS2021) 310-320 25% online
2021 Ohmoto, Y.Shimojo, S.Morita, J.Hayashi, Y. Investigating Clues for Estimating ICAP States based on Learners' Behavioural Data during Collaborative Learning Proceedings of the 17th International Conference on Intelligent Tutoring Systems (ITS2021) 224-231 24% online
2021 Morita, J.Ohmoto, Y.Hayashi, Y. Integrating Knowledge in Collaborative Concept Mapping: Cases in an Online Class Setting Proceedings of the 17th International Conference on Intelligent Tutoring Systems (ITS2021) 99-106 24% online
2021 Hayashi, Y.Shimojo, S. Investigating gaze behavior of dyads in a collaborative explanation task using a concept map: Influence of facilitation prompts on perspective taking Proceedings of the1st Annual Meeting of the International Society of Learning Sciences(ISLS2021) 149–152 42%(14/33) online
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2021 森田 純哉 大本 義正 林 勇吾 協同コンセプトマップの作成を通した知識の統合: オンライングループワークにおける編集過程の分析 人工知能学会第92回先進的学習科学と工学研究会資料 online
2021 林 勇吾 学習支援システムの研究動向に関するレビュー:CAIからadaptive testingへ 日本認知科学会第38回大会論文集 in press online
2021 大津 耕陽 林 勇吾 下條 志厳 田村 昌彦 泉 朋子 VR環境におけ る不公平回避行動 に関する分析:最終通告ゲームを用いた 実験的検討 日本認知科学会第38回大会論文集 in press online
2021 下條 志厳 林 勇吾 大本 義正 森田 純哉 異なる知識に基づく協同説明活動が学習者の理解に与える影響:学習パフォーマンスとコンセプトマップの評価に関する実験的検討 日本認知科学会第38回大会論文集 in press online
2021 下條 志厳 林 勇吾 インタラクティビティの高い協同学習の支援に向けた実験的検討 人工知能学会第70回先進的学習科学と工学研究会資料 111–116 online

2020
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2020 Hayashi, Y. Gaze awareness and metacognitive suggestions by a pedagogical conversational agent: An experimental investigation on interventions to support collaborative learning process and performance International Journal of Computer-Supported Collaborative Learning 15 4 469–498
2020 林勇吾 WESPAを用いた説明活動の支援:オンライングループにおける他者の発言ログの例示による学習効果の検討 電子情報通信学会論文誌D J103-D 10 676–684
2020 林勇吾 Web上での教育用会話エージェントとの説明活動における学習者の確信度推定:個人特性と課題活動量に着目した検討 ヒューマンインタフェース学会論文誌 22 3 263–270
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2020 Shimojo, S.Hayashi, Y. Prompting Learner-Learner Collaborative Learning for Deeper Interaction: Conversational Analysis Based on the ICAP Framework Proceedings of the 28th International Conference on Computers in Education(ICCE2020) 177–182 57.52% (88/153) online
2020 CAI, Y.Shimojo, S.Hayashi, Y. Observing Facial Muscles to Estimate the Learning State During Collaborative Learning: A Focus on the ICAP Framework. Proceedings of the 28th International Conference on Computers in Education(ICCE2020) 119–126 25.70% (28/153) online
2020 Hayashi,Y. Wakabayashi,K. Experimental investigation on the influence of prior knowledge of a decision-support robot for court juries Proceedings of the 15th Annual ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI2020) 236–238 online
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2020 下條 志厳 林 勇吾 プロンプト提示による協同プロセスの促進:ICAPに着目した実験的検討 日本認知科学会第37回大会発表論文集 939–945 online
2020 CAI Yuying 下條 志厳 林 勇吾 表情筋による協同学習プロセスの推定:ICAP に着目した検討 日本認知科学会第37回大会発表論文集 202–207 online
2019
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2019 林勇吾 知的学習支援システムによる協同学習の支援に向けて:視線情報と言語情報を用いた学習プロセスの推定モデル 認知科学 26 3 343–356
2019 Hayashi, Y. Multiple Pedagogical Conversational Agents to Support Learner-Learner Collaborative Learning: Effects of Splitting Suggestion Types Cognitive Systems Research 54 0 246–257
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2019 Shimojo,S. Hayashi,Y. How shared concept mapping facilitates explanation activities in collaborative learning: An experimental investigation into learning performance in the context of different perspectives Proceedings of the 27th International Conference on Computers in Education(ICCE2019) 172–177 50%(100/200) Kenting(Taiwan)
2019 Hayashi, Y. Koedinger, K. What are you talking about?: A Cognitive Task Analysis of how specificity in communication facilitates shared perspective in a confusing collaboration task Proceedings of the 41st Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2019) 1887–1893 65%(524/810) Montreal(Canada)
2019 Maehigashi, A. Hayashi, Y. Effect of Suggestions from a Physically Present Robot on Creative Generation Proceedings of the 41st Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2019) 2242–2247 65%(524/810) Montreal(Canada)
2019 Hayashi, Y. Detecting Collaborative Learning through Emotions: An Investigation using Facial Expression Recognition Proceeding of the 15th International Conference on Intelligent Tutoring Systems(ITS2019) 89–98 33% Full paper 【Nominee of Best Full Paper Award】 Kingston(Jamaica)
2019 Hayashi, Y. A preliminary study on the use of emotional recurrence analysis to identify coordination in collaborative learning Proceedings of the 24th Annual ACM International Conference on Intelligent User Interfaces (IUI2019)companion 5–6 Los Angeles(U.S.A)
2019 Hayashi, Y. Wakabayashi, K. Shimojyo, S. Kida, Y. Using decision support systems for juries in court: Comparing the use of real and CG robots Proceedings of the 14th Annual ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI2019) LBR 556–557 Daegu(Korea)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2019 下條志厳 林勇吾 他者の知識を可視化した協同学習における会話活動と学習パフォーマンスの関係性:ターンテイキングと知識の収束に着目して 日本認知科学会第36回大会発表論文集 748–752 浜松
2019 下條志厳 林勇吾 コンセプトマップを用いた協同学習ペアの説明活動に関する実験的検討:学習パフォーマンスにおける理解度と異なる視点の発現に着目した分析 電子情報通信学会技術研究報告, 119(38) 87–91 沖縄
2018
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2018 Hayashi, Y. The power of a "Maverick" in collaborative problem solving: An experimental investigation of individual perspective taking within a group Cognitive Science 42 S1 69–104
2018 Rienovita, E. Taniguchi, M. Kawahara, M. Hayashi, Y. Takeuchi, Y. Implementation of Interactive Peer Learning Environment Enhances Learners' Self-Esteem and Self-Efficacy International Journal of Learning Technologies and Learning Environments 1 1 1-24
2018 林勇吾 知識統合型の協同学習における身体性を持つ教育エージェント:眼球運動測定を用いた助言と視線ジェスチャに関する実験的検討 ヒューマンインタフェース学会論文誌 20 1 79–88
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2018 Hayashi, Y. Towards a Pedagogical Conversational Agent for Collaborative Learning: A Model Based on Gaze Recurrence and Information Overlap Proceedings of the 40th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2018) 471–476 31%(215/691) Madison(U.S.A)
2018 Hayashi, Y. Takeuchi, Y. The influence of task activity and the learner’s personal characteristics on self-confidence during an online explanation activity with a conversational agent Proceedings of the 11th International Conference on Educational Data Mining(EDM2018) 286–291 42%(61/145) Buffalo(U.S.A)
2018 Hayashi, Y. Gaze Feedback and Pedagogical Suggestions in Collaborative Learning: Investigation of Explanation Performance on Self's Concept in a Knowledge Integration Task Proceeding of the 14th International Conference on Intelligent Tutoring Systems(ITS2018), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag) 78–87 26.5% Full paper 【Best Full Paper Award】 Montreal(Canada)
2018 Hayashi, Y. Wakabayashi, K. Influence of robophobia on decision making in a court scenario: A preliminary experimental investigation using a simple jury task Proceedings of the 13th Annual ACM/IEEE International Conference on Human Robot Interaction (HRI2018)Companion 121–122 89.8%(123/137) Chicago(U.S.A)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2018 星田雅弘 林勇吾 田村昌彦 エージェントに対する知性に関する印象形成: 知識量に着目した実験的検討 日本認知科学会第35回大会発表論文集 sP1-83–0 茨木
2017
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2017 林勇吾 信頼構築プロセスが協同問題解決の視点取得に及ぼす影響:エージェントを利用した実験的検討 人工知能学会論文誌 32 4 E-G91_1–9
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2017 Hayashi, Y. An Experimental Investigation on Using Pedagogical Conversational Agents: Effects of Posing Facilitation Prompts in Oral-Based Peer Learning Proceedings of the 25th International Conference on Computers in Education(ICCE2017) Workshop 454–460 Christchurch(New Zealand)
2017 Hoshida, M.Tamura, M.Hayashi, Y. Lexical Entrainment Toward Conversational Agents: An Experimental Study on Top-down Processing and Bottom-up Processing Proceedings of the 4th international conference on Human-Agent Interaction (HAI2017) 189–194 47.44%(37/78) Bielefeld (Germany)
2017 Hayashi, Y.Okada, R. Compound effects of expectations and actual behaviors in human-agent interaction: Experimental investigation using the Ultimatum Game Proceedings of the 39th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2017) 2168–2173 77%(673/873) London(England)
2017 Rienovita, E.Taniguchi, M.Kawahara, M.Hayashi, Y.Takeuchi, Y. Effect of Human Agent Interaction Improves Self-esteem and Students' Motivation Proceedings of the 6th International Congress on Advanced Applied Informatics (AAI-2017) 1–7 【Outstanding Paper Award】 Hamamatsu(Japan)
2017 Hayashi, Y. Wakabayashi, K. Can AI become reliable source to support human decision making in a court scene? Proceedings of the 20th ACM Conference on Computer-Supported Cooperative Work and Social Computing(CSCW 2017) Companion 195–198 Portland(U.S.A)
2017 Hayashi, Y. Orita, R.Kajiwara, S. Negative electronic word-of-mouth can support product recommendation: experimental investigation Proceedings of the 20th ACM Conference on Computer-Supported Cooperative Work and Social Computing(CSCW 2017) Companion 191–194 Portland(U.S.A)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2017 星田雅弘 田村昌彦 林勇吾 対話エージェントに対する人間の言語選択: 単語の種類と感情状態に着目した実験的検討 HAIシンポジウム2007発表論文集 P43_1–4 金沢
2017 星田雅弘 田村昌彦 林勇吾 エージェントとの会話におけるトップダウン処理とボトムアップ処理:眼球運動と印象評価に着目した実験的検討 日本認知科学会第34回大会発表論文集 38–45 金沢
2017 若林宏輔 林 勇吾 意思決定支援システムは裁判において有効な指標になりうるか? 電子情報通信学会技術研究報告, 117(30) 55–58 沖縄
2017 星田雅弘 田村昌彦 林勇吾 身体性を有するエージェントとのコミュニケショにおけ言語選択 電子情報通信学会技術研究報告,116(436) 71–76 福岡
2016
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2016 黄宏軒 澁澤紗優美 林勇吾 川越恭二 傾聴エージェントの実現に向けた傾聴会話参加者の自他評価による数値化モデルの提案 ヒューマンインタフェース学会論文誌 18 4 373–384
2016 Hayashi, Y. Lexical Network Analysis on an Online Explanation Task: Effects of Affect and Embodiment of a Pedagogical Agent IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences E99-D 6 1455–1461
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2016 Kitamura, A. Hayashi, Y. Effects of Deformed Embodied Agent during Collaborative Interaction Tasks: Investigation on Subjective Feelings and Emotion Proceedings of the 4th international conference on Human-Agent Interaction (HAI2016) 235–237 Singapore
2016 Miwa, K.Hayashi, Y.Terai, H. Unifying Conflicting Perspectives in Group Activities: Roles of Minority Individuals Proceedings of the 38th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2016) 247–252 73%(480/656) Philadelphia (U.S.A)
2016 Hayashi, Y. The effect of "mood": Groupbased collaborative problem solving by taking different perspectives Proceedings of the 38th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2016) 818–823 73%(480/656) Philadelphia (U.S.A)
2016 Hayashi, Y. Coordinating knowledge integration with pedagogical agents: Effects of agent gaze gestures and dyad synchronization Proceeding of the 13th International Conference on Intelligent Tutoring Systems(ITS2016), Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag) 254–259 42% Zagreb (Croatia)
2016 Hayashi, Y. Analyzing Lexical Expressions in an Human-Agent Online Explanation Task: Influence of Affect and Characteristics Proceedings of the 19th ACM Conference on Computer Supported Cooperative Work and Social Computing(CSCW2016) Companion 285–288 San Francisco(U.S.A)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2016 北村文乃 林勇吾 エージェントの内部状態の推論における心理・感情状態に関する実験的検討 HAIシンポジウム2016発表論文集(USB) P-18–0 東京
2016 谷口政志 河原正人 Rienovita, E. 林勇吾 竹内勇剛 協調学習を用いたスキル学習における承認欲求の向上に関する実験的検討 日本認知科学会第33回大会発表論文集 10–19 札幌
2016 北村文乃 林勇吾 擬人化エージェントとのインタラクションを促進する要因:デフォルメ度の操作と脈拍を用いた実験的検討 日本認知科学会第33回大会発表論文集 853–859 札幌
2015
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2015 林勇吾 井上智雄 複数の教育用会話エージェントによる協同学習のデザイン 電子情報通信学会論文誌A J98-A 1 76–84
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2015 Hayashi, Y. Influence of Social Communication Skills on Collaborative Learning with a Pedagogical Agent: Investigation Based on the Autism-spectrum Quotient Proceedings of the 3rd international conference on Human-Agent Interaction (HAI2015) 135–138 Daegu(Korea)
2015 Hayashi, Y. Marutschke, M, D. Designing Pedagogical Agents to Evoke Emotional States in Online Tutoring Investigating the Influence of Animated Characters Proceeding of the 15th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII2015),(P. Zaphiris and A. Ioannou (Ed.): Learning and Collaboration Technologies, LNCS 9192, Springer) 372–383 Los Angeles(U.S.A)
2015 Hayashi, Y. Psychological Effects of In-Group Activity Feedback in an Online Explanation Task: Lexical Network Analysis Proceedings of the 8th International Conference on Educational Data Mining(EDM2015) 484–487 52% (93/180) Madrid (Spain)
2015 Hayashi, Y. Explanation Activities with a Pedagogical Agent in an Online Task: Lexical Network Analysis Proceedings of ACM Conference on Human Factors in Computing Systems(CHI2015) WIP 1457–1460 45.3% (240/529) Seoul (Korea)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2015 Rienovita, E. 谷口政志 河原正人 竹内勇剛 林勇吾 自主的なプログラミングスキル習得環境の提案 日本認知科学会第32回大会発表論文集 534–540 千葉
2015 谷口政志 Rienovita, E. 林勇吾 竹内勇剛 承認欲求をトリガーとした協調学習環境の設計とスキル習得課題への応用 ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集 1039–1046 函館
2015 河原正人 Rienovita, E. 林勇吾 竹内勇剛 学習者間のインタラクション向上のためのエージェントの使用と学習効果の検証 ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集 507–512 函館
2015 Rienovita, E. 谷口政志 河原正人 林勇吾 竹内勇剛 承認欲求による学習者間の相互的な学習活動の向上 ヒューマンインタフェースシンポジウム2015論文集 323–326 函館
2014
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2014 林勇吾 エージェントベースの協同に関する実験的検討 認知科学 21 3 382–395
2014 林勇吾 創造的思考活動の促進のためのインタフェースエージェント-相手人数とメディアの要因に着目した検討- 電子情報通信学会論文誌A J97-A 6 443–452
2014 林勇吾 Dual-Channel Modelに基づく対話エージェントを利用した協同による説明活動の促進方法 電子情報通信学会論文誌D J97-D 1 17–27
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2014 Hayashi, Y. Kojima, K. The use of a maverick in collaborative problem solving: Investigating the implicit and explicit proces Proceeding of the 7th International Conference on Collaboration Technologies(CollabTech2014) 16–28 41.7% (10/24), Full paper Santiago (Chile)
2014 Hayashi, Y. Togetherness: Multiple Pedagogical Conversational Agents as Companions in Collaborative Learning Proceeding of the 12th International Conference on Intelligent Tutoring Systems(ITS2014), (In S. Trausan-Matu et al.(Eds.)Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Vol 8474) 114–123 17.5% (31/177), long paper Honolulu (U.S.A)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2014 松原正樹 松井淑恵 林勇吾 聴覚刺激を用いた異なる視点に基づく協同問題解決に関する実験的検討 日本認知科学会第31回大会発表論文集 698–704 名古屋
2014 御代田 彰 村松慶一 林勇吾 松居辰則 電子部品設計における知識共有のためのCHARMモデルの構築 人工知能学会第70回先進的学習科学と工学研究会資料 23–29 太宰府
2014 佐々木孝輔 林勇吾 井上智雄 テキストチャットによるペアプログラミング学習システム:学習者同士のインタラクションに着目した検討 情報処理学会研究報告, HCI2014-157-53 1–8 東京
2014 林勇吾 複数のペダゴジカルエージェントを用いたグループベースの協同学習支援に関する実験的検討 電子情報通信学会技術研究報告,HCS2013-113-462 33–38 加賀
2013
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2013 Hayashi, Y. Facilitating Perspective Taking in Groups: An Analysis Using Multiple Conversational Agents International Journal of Software Science and Computational Intelligence (IJSSCI) 5 1 1–14
2013 林勇吾 浦尾彰 対話エージェントを利用したWeb学習における感情状態の研究:性別要因に着目した検討 ヒューマンインタフェース学会論文誌 15 3 209–218
2013 Hayashi, Y. Kryssanov, V. An empirical investigation of similarity-driven trust dynamics in social networks Procedia - Social and Behavioral Sciences (selecti 79 6 27–37
2013 林勇吾 小川均 Pedagogical Conversational Agentを用いた協同学習の促進-感情表出に着目した検討- 電子情報通信学会論文誌D J96-D 1 70–80
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2013 Hayashi, Y. Facilitating Creative Cognition by Embodied Conversational Agents Workshop Proceedings of the 21st International Conference on Computers in Education(ICCE2013) 175–182 Bali (Indonesia)
2013 Hayashi, Y. The effect of “Trust dynamics”: Perspective taking during collaborative problem solving Proceedings of the 35th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2013) 2500–2505 68% (618/901) Berlin (Germany)
2013 Hayashi, Y.Ono, K. Embodied Conversational Agents as Peer Collaborators: Effects of Multiplicity and Modality Proceedings of the 22nd IEEE International symposium on robot and human interactive communication(Ro-MAN2013) 120–126 82% (180/219) Gyeongju (Korea)
2013 Huang, H.Shibusawa, S.Hayashi, Y.Kawagoe, K. Toward a Virtual Companion for the Elderly: an Investigation on the Interaction between the Attitude and Mood of the Participants during Active Listening Proceedings of the 1st international conference on Human-Agent Interaction (iHAI 2013) 112–0 Sapporo (Japan)
2013 Hayashi, Y.Kryssanov, V.Huang, H. Influence of pedagogical agents’ and learners’ social status on an online tutoring task: Investigation on affective state Proceedings of the 1st international conference on Human-Agent Interaction (iHAI 2013) 132–0 Sapporo (Japan)
2013 Shibusawa, S.Huang, H.Hayashi, Y.Kawagoe, K. Toward a Virtual Companion for the Elderly: Exploring the Behaviors that Potentially Achieve Rapport in Human Communication Proceeding of the 15th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII2013) 21–26 Las Vegas (U.S.A)
2013 Hayashi, Y.Kryssanov, V.Ogawa, H. An empirical investigation of similarity-driven trust dynamics in a social network Proceeding of the 15th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII2013), (M. Kurosu (Ed.): Human-Computer Interaction, Part III, HCII 2013, LNCS 8006, Springer) 20–28 Las Vegas (U.S.A)
2013 Hayashi, Y. Learner-Support Agents for Collaborative Interaction: A Study on Affect and Communication Channels Proceedings of the 10th International Conference on Computer Supported Collaborative Learning(CSCL2013) 232–239 36% full paper Madison (U.S.A)
2013 Hayashi, Y. Pedagogical conversational agents for supporting collaborative learning: Effects of communication channels Proceedings of ACM Conference on Human Factors in Computing Systems(CHI2013) WIP 655–660 45% (312/689) Paris (France)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2013 澁澤紗優美 黄宏軒 林勇吾 川越恭二 聴き手の非言語行動と印象評価の考察-高齢者を対象とした傾聴エージェントに向けて- 電子情報通信学会技術研究報告,HCS2013-113-185 45–50 京都
2013 松井隆幸 寺井仁 三輪和久 林勇吾 多数派と少数派の他者視点理解に関する実験的検討 人工知能学会第67回先進的学習科学と工学研究会資料 41–46 高知
2013 澁澤紗優美 黄宏軒 林勇吾 川越恭二 傾聴時における対話者の気分と態度の関係の分析:高齢者を対象とした傾聴エージェントに向けて 電子情報通信学会技術研究報告,HCS2012-112-412 125–129 高知
2012
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2012 林勇吾 小川均 多人数に基づく協同問題解決に関する実験的研究のためのプラットフォーム開発 知能と情報 24 4 848–856
2012 Hayashi, Y. Kryssanov, V. Ogawa, H. An experimental study on multiple conversational agents for facilitating creative interpretations Computer Human Interaction of ICIC Express Letters 6 12 3009–3014
2012 林勇吾 Cooper, E. Kryssanov, V. 浦尾彰 小川均 対話エージェントとのコミュニケーションにおける心理特性 日本感性工学会論文誌 11 3 459–467
2012 浦尾彰 林勇吾 青木駿介 伊藤慎太郎 マルチメディア学習理論に基づく電子教材の開発と評価 高専教育 35 0 95–100
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2012 Yukawa, M. Hayashi, Y. Ogawa, H.Kryssanov, V. A Group Recommendation System with a Multi-modal User Interface Proceedings of the 6th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems(SCIS2012) 2158–2163 Kobe (Japan)
2012 Hayashi, Y. Designing Affective Pedagogical Agents: How learners' and agents' gender and age influence emotion in an online tutoring Proceedings of the 20th International Conference on Computers in Education(ICCE2012) 46–50 51% (125/247) Singapore
2012 Yukawa, M. Hayashi, Y. Ogawa, H. Recommender systems to support collaborative problem solving Proceedings of the 2nd postgraduate consortium of Innovation in Information and Communication Science and Technology(IICST2012) 227–234 Tomsk (Russia)
2012 Hayashi, Y.Matsumoto, M.Ogawa, H. Pedagogical agents that support learning by explaining: Effects of affective feedback Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2012) 1650–1655 86% (633/737) Sapporo (Japan)
2012 Hayashi, Y. The effect of "Maverick":A study of Group Dynamics on Breakthrough in Collaborative Problem solving Proceedings of the 34th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2012) 444–449 38% (204/737)【Computational Modeling Prize】 Sapporo (Japan)
2012 Hayashi, Y.Nakae, R.Takii, S.Ogawa, H. Exploring egocentric biases in human cognition: An analysis using multiple conversational agents Proceedings of the 11th IEEE International Conference on Cognitive Informatics & Cognitive Computing(ICCI*CC2012) 289–294 30% (54/177) Kyoto (Japan)
2012 Hayashi, Y.Ogawa, H. Facilitating creative interpretations on collaboration with multiple conversational agents Proceedings of the 10th Asia Pacific Conference on Computer Human Interaction(APCHI2012) 443–449 31% (48/155) Matsue (Japan)
2012 Hayashi, Y.Kryssanov, V. Ogawa, H. From similar preferences to trust: An empirical investigation of similarity-driven trust dynamics in a social network Proceedings of 9th conference on Applications of Social Network Analysis(ASNA2012) 1–20 Zurich (Switzerland)
2012 Hayashi, Y. On pedagogical effects of learner-support agents in collaborative interaction Proceeding of the 11th International Conference on Intelligent Tutoring Systems(ITS2012), (In S.A. Cerri and B. Clancey (Eds.)Lecture Notes in Computer Science, Springer-Verlag, Vol 7315) 22–32 13% (28/207), long paper Chania (Greece)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2012 澁澤紗優美 黄宏軒 林勇吾 川越恭二 ラポールを誘発する会話エージェントの言動の検討 HAIシンポジウム2012発表論文集(USB) 1A-1–0 京都
2012 松井隆幸 林勇吾 三輪和久 寺井仁 問題解決状況における多数派と少数派のコミュニケーション過程 電子情報通信学会技術研究報告, HCS2012-112-58 13–18 草津
2012 阪本綾香 林勇吾 小川均 コミュニケーションロボットにおけるパーソナリティの効用 情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM) 5ZA-6 –0 名古屋
2012 林勇吾 小川均 An experimental study of Pedagogical Conversational Agents for collaborative learning 電子情報通信学会技術研究報告, HCS2011-55-64 37–40 名古屋
2011
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2011 林勇吾 三輪和久 コミュニケーション齟齬における他者視点の理解 認知科学 18 4 569–584
2011 浦尾彰 伊藤慎太郎 青木駿介 林勇吾 熟逹度の違いが例題学習の効果に及ぼす影響 工学教育 59 6 86–90
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2011 Hayashi, Y. Emergence of ideas during collaboration: An experimental study using conversational agents Proceedings of the 1st postgraduate consortium of Innovation in Information and Communication Science and Technology(IICST2011) 117–126 75% (18/24) Tomsk (Russia)
2011 Hayashi, Y.Huang, H.Kryssanov, V. Miwa, K.Urao, A.Ogawa, H. Source orientation in communication with a conversational agent Proceeding of the 11th International Conference on Intelligent Virtual Agents(IVA2011), (In H. H. Vilhjalmsson, S. Kopp, S. Marsella, and K. R. Thorisson (Eds.)(Lecture Notes in Computer Science, Vol 6851) 451–452 74% (75/172) Reykjavik (Iceland)
2011 Hayashi, Y. Cooper, E.Kryssanov, V. Ogawa, H. Semantic Parameterization of Basic Surface Models Rendered with Phantom Omni Proceeding of the 6th International Workshop on Haptic and Audio Interaction Design(HAID2011), (In E.W. Cooper, V. V. Kryssanov, H. Ogawa, S. Brewster (Eds.)Lecture Notes in Computer Science, Vol 6851) 11–21 60% (13/22) Kusatsu (Japan)
2011 Hayashi, Y.Kryssanov, V.Miwa, K.Ogawa, H. Influence of prior knowledge and embodiment on Human-Agent Integration Proceeding of the 14th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII2011), (In J.A. Jacko (Ed.)Lecture Notes in Computer Science, Vol 6762, Springer-Verlag) 513–522 Florida (U.S.A.)
2011 Maehigashi, A.Miwa, K.Terai, H.Kojima, K.Morita, J.Hayashi, Y. Experimental investigation about misuse and disuse in human automation system interaction Proceeding of the 14th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII2011), (In J.A. Jacko (Ed.)Lecture Notes in Computer Science, Vol 6764, Springer-Verlag) 384–393 Florida (U.S.A)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2011 阪本綾香 林勇吾 小川均 コミュニケーションロボットPaPeRoによる人間らしさの表出 HAIシンポジウム2011発表論文集(USB) 1A-4-L–0 京都
2011 林勇吾 三輪和久 Victor V. Kryssanov 小川均 対話エージェントを用いた集団による協同問題解決の支援に関する研究 対話エージェントを用いた集団による協同問題解決の支援に関する研究 P2-25–0 東京
2011 阪本綾香 林勇吾 小川均 コミュニケーションロボットに対する人間らしさの帰属の要因 日本認知科学会第27回大会発表論文集(CD-ROM) 1-26–0 東京
2011 HOANG LE VAN 林勇吾 小川均 適応的環境を提供するパーソナルアシスタント 情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM) 1W-4–0 東京
2011 野村篤史 林勇吾 小川均 スマートフォンを用いた屋内における避難誘導エージェント 情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM) 5Y-5–0 東京
2011 阪本綾香 林勇吾 小川均 しりとりにおけるロボットに対する人間らしさの帰属 情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM) 1ZB-7 –0 東京
2011 免田哲矢 Victor V. Kryssanov 林勇吾 小川均 Twitterを用いたリアルタイム情報収集による観光地情報推薦システム 情報処理学会第73回全国大会講演論文集(CD-ROM) 3ZE-9–0 東京
2011 前東晃礼 三輪和久 寺井仁 小島一晃 森田純哉 林勇吾 自動化システムの利用におけるMisuse/Disuseの実験的検討 情報処理学会研究報告,HCI2011-141-6(CD-ROM) 1-8–0 大阪
2010
  • 学術雑誌論文(査読付き)
  • 国際会議論文(査読付き)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2010 林勇吾 Victor V. Kryssanov 小川均 対話エージェントとのコミュニケーションにおける事前知識と擬人化に関する検討 HAIシンポジウム2010発表論文集(USB) 2A-2–0 横浜
2010 林勇吾 山崎治 三輪和久 思考スタイルの自己他者統合評価に関する検討 ヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集CD-ROM) 193-200–0 草津
2010 田島見佑 林勇吾 小川均 避難誘導のためのマルチモーダルインタフェース ヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集(CD-ROM) 949–952 草津
2010 近藤大祐 山門和幸 小川均 林勇吾 個人の使用状況に対応したパネル作成 ヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集(CD-ROM) 157–160 草津
2010 外嵜一登 林勇吾 小川均 ユビキタス環境を自由に移動するロボットエージェント ヒューマンインターフェースシンポジウム2010論文集(CD-ROM) 895–900 草津
2010 林勇吾 山崎治 三輪和久 大規模調査に基づく思考スタイルの自己他者統合評価に関する検討 日本認知科学会第26回大会発表論文集(CD-ROM) P3–0 神戸
2010 林勇吾 山崎治 三輪和久 大規模調査に基づく思考スタイルの自己他者統合評価に関する検討 人工知能学会第57回先進的学習科学と工学研究会資料 51–58 加賀
2010 山崎治 三輪和久 林勇吾 田村昌彦 協調学習支援を目指した自己他者統合評価システム 人工知能学会第57回先進的学習科学と工学研究会資料 109–114 加賀
2009
  • 学術雑誌論文(査読付き)
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2009 Hayashi, Y.Miwa, K. Cognitive and Emotional Characteristics of Communication in Human-Human/Human-Agent Interaction Proceeding of the 13th International Conference on Human-Computer Interaction(HCII2009), (In J.A. Jacko (Ed.)Lecture Notes in Computer Science, Vol 5612, Springer-Verlag) 526–531 San Diego (U.S.A)
2009 Hayashi, Y.Miwa, K. Prior experience and communication media in establishing common ground during collaboration Proceedings of the 31th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2009) 526–531 65% (459/703) Amsterdam (Netherlands)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2009 林勇吾 三輪和久 異なる視点に基づく協同問題解決におけるGroundingに関する検討 日本認知科学会第26回大会発表論文集(CD-ROM) P1-7–0 横浜
2008
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2008 林勇吾 三輪和久 人間とエージェントが混在する状況におけるコミュニケーションの認知的・感情的心理特性 ヒューマンインタフェース学会論文誌 10 4 445–456
  • 国際会議論文(査読付き)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2008 林勇吾 三輪和久 人間とエージェントが混在する状況におけるコミュニケーションの心理特性 日本認知科学会第25回大会発表論文集 174–179 京都
2007
  • 学術雑誌論文(査読付き)
著者タイトル雑誌名ページ
2007 林勇吾 三輪和久 森田純哉  異なる視点に基づく協同問題解決に関する実験的検討 認知科学 14 4 604–619
  • 国際会議論文(査読付き)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2007 林勇吾 三輪和久 浦尾彰 人間と人間,人間と対話エージェントとの相互作用に関する実験的検討の1考察 HAIシンポジウム2007発表論文集(USB) 1E-1–0 横浜
2007 林勇吾 三輪和久 浦尾彰 人間と対話エージェントとの相互作用に関する実験的研究 ヒューマンインターフェースシンポジウム2007論文集 1069–1072 東京
2007 林勇吾 三輪和久 浦尾彰 対話エージェントを用いた異なる視点に基づく相互作用の研究 日本認知科学会第24回大会発表論文集 210–211 東京
2006
  • 学術雑誌論文(査読付き)
  • 国際会議論文(査読付き)
著者タイトル会議名ページ採択率開催地
2006 Hayashi, Y.Miwa, K.Morita, J. A laboratory study on distributed problem solving by taking different perspectives Proceedings of the 28th Annual Conference of the Cognitive Science Society(CogSci2006) 333–338 26% (152/575) Vancuver (Canada)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2006 Hayashi, Y. Miwa, K. Morita, J.   Perspectives in Distributed Collaboration Proceedings of the Fourth Symposium on Intelligent Media Integration for Social Information Infrastructure 115–116 名古屋
2006 林勇吾 三輪和久 森田純哉 異なる視点による分散共同問題解決に関する実験的検討 日本認知科学会第23回大会発表論文集 164–169 名古屋
2006 林勇吾 三輪和久 森田純哉 異なる視点に基づいた協同問題解決過程:発話プロトコル分析による検討 人工知能学会第20回全国大会発表論文集(CD-ROM) 3E1-4–0 東京
2005
  • 学術雑誌論文(査読付き)
  • 国際会議論文(査読付き)
  • 国内学会・研究会論文(査読なし)
著者タイトル会議名ページ開催地
2005 林勇吾 三輪和久 森田純哉 異なる視点に立った協同問題解決と情報共有過程:発話プロトコル分析による検討 電子情報通信学会技術研究報告, HIP2005-105-479 143–148 仙台