本研究室では,人間の心の理解とシステムを用いた支援に関して,認知心理学と社会心理学に関するテーマに加えて,情報学に関するテーマを扱い,総合的に検討しています.詳しくは,以下(研究テーマ)をご参照ください.

研究テーマとゼミ指導支援体制

ゼミに関して

【ゼミの内容】認知科学を中心に,認知心理学や教育心理学,社会心理学まで幅広く扱います.

【ゼミの形式】レジュメを作成し,パワーポイントで発表を行っております.また,発表後はゼミ生を中心にグループ等でも議論を行います.3回生はプレ卒,4回生は卒論に向けて,ロードマップを作成し,計画的に研究を進めていきます.ゼミには総合心理学部一期生の大学院生も参加してくれており,ゼミ内外でサポートしてくれます.必要に応じて,勉強会(輪読会,プログラミングなど)も実施しております.

卒業研究ではどのような研究ができるのか

ゼミ生が持っている興味関心やアイディアを聴いて,それをもとに関連する研究論文をみつけて進めます.皆さんそれぞれ違った考えや視点を持っていますので,扱うテーマの内容も年度によって多様です.例えば,認知から社会,集団,教育,メディア,コミュニケーションまで幅広いテーマがあります.研究の方法は,主に総合心理学部で皆さんが学ばれた「心理学実験」や「展開演習」の観察法,質問紙を用いたデータ収集です.先生はプログラミングが得意なので,ゼミ生による実験システムの作成のお手伝いもしています.また,先生はオフィスアワーを設けており,個別面談を随時,受けることもできます.より詳しく知りたい場合は,下記の研究テーマをご覧ください.また,過去の卒論テーマを知りたい場合は,ここをクリックしてください

どのようなゼミを目指しているのか

みなさんが持っている興味関心や素朴な疑問を研究として伸ばしてあげるために,ゼミ生や大学院生と話しやすい雰囲気づくりを心掛けています.また,プレ卒や卒論を通して熟考する力,情報リテラシー,プレゼン能力といった社会に出ても重要であるスキルを身に着けてもらうことを目指しております.

どのような学生に来て欲しいのか

研究室には,さまざまな関心を持ったゼミ生だけでなく,大学院生やポスドクの先生も多数在籍しており,多様な観点から助言やアドバイスをもらうことができます.積極的に先生やゼミ生と意見交換を行い,お互いに助け合い,自分の分からないことを聞ける学生に来てほしいです.

ゼミの教員はどのような研究をしているのか

心理学と情報工学の学際領域である認知科学の分野で「人と人,人と人工物,人工物を介した人と人のコミュニケーション」に関する研究を行っております.また,人工知能のチャットボットを使った会話活動の活性化や人間の認知行動を計算機上でシミュレーションする認知モデリングに関する研究も行っております.さらに,眼球運動の視線計測や表情認識による感情測定,モーションキャプチャーなども扱っており,これらを使った研究をしたい人も歓迎です.最近では学内の研究プロジェクト(R-GIRO,1.2億円の助成)を受けて,臨床カウンセラーとクライアントとの傾聴コミュニケーションの実験を行っております.臨床心理士の先生もポスドクとして雇用しており,臨床的な問題を扱いたい人も大歓迎です!

その他

学際的に教育・研究を進めているのが本研究室の特徴です.また企業や学外・国外の大学と共同研究を行っていて,様々な社会経験,新しい人脈形成のチャンスもあるかも.就職先は,マスコミ(広告)や情報関係(SE・SIなど),メーカー,銀行などの企業が多いです.大学院に進学したい学生を募集しています!大学院早期終了(飛び級)を目指す人も是非ご相談ください!

研究手法

実験室実験,オンライン実験,会話分析(観察法,プロトコル分析),アイトラキング(眼球運動測定),表情解析,モーションキャプチャー,システム開発,機械学習,統計学など

研究テーマ

基礎分野(心理学分野)

認知

社会

応用分野(情報学分野)

計算機モデル

ヒューマンインタフェース

認知行動の支援

previous arrow
next arrow
Slider